TEAM DD稽古場日記

たけちゃんとゆかいな仲間たち♪Vol.2
<< VIVA!DD! | TOP | 第3回公演の稽古日誌もこれでいきます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
全日程終了@新星
全ての公演が終了いたしました。


あらためまして、
この作品を遠くから支えてくださった方々、
必死に汗をかいてくれたスタッフ皆さん、
そして何より劇場に足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。


今回の作品。


色々な事情で「日本」という設定を外しました。
そしてその「戦争」は先の大戦ではない設定です。


「日本」でないのに「特攻」をやるのか?


それをあらためて書かせていただきます。


今回のひとつの願いは



「興味をもってもらうこと」



でした。


誤解を招く単語ですが
この「興味」という部分がない限り、
史実に対して向かっていくのは難しいと思います。


「戦争モノの舞台」と「泣ける舞台」。


この2つを比べた場合、
日本でお客さんが入るのは後者だと思っています。
そして一点に近づけるための作り込みをしました。
もちろん史実のなかで「泣ける作品」をつくるのが
ベストなことも分かっています。


今回の舞台で少しでも「興味」をもって頂けたら、
そこから著名な作品や資料館に向かうことが出来ると思います。


そして
「あの舞台、今考えると設定メチャクチャだったね」
ということに辿り着いたら成功の一つだとも思っています。



それが「戦争を忘れさせないこと」のひとつになれたら・・・



これがが今回の作品に至るまでの
とあるご遺族との結論でした。


そしてそれを支えてくださったのが
あの島半の鈴木社長でした。


まだまだ未熟な集まりですが、
2割以上のリピート率は
その未熟な連中のなにかが伝わったのだと信じています。


有り難いことに今回の作品を観てくださった方から
とある企画を持ちかけられました。


それが「特攻」というものを知らない人たちへ
「興味」を持たせるきっかけになればもっと嬉しいです。



「また明日」から始まった「奇跡の時間」。



また次作で皆様とお会いできることを楽しみにしています。



あらためまして


本当に本当にありがとうございました!!
| 公演日誌 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://desafiadores.jugem.jp/trackback/152
トラックバック